So-net無料ブログ作成

これは みんな 太陽なんだよ。 [つれづれ樹] [つれつれ(めもり)]

IMG_0593.jpg


 
  これは みんな 太陽なんだよ。。。

 このことを どんな具合に表現すれば・・・
 云えたいことの 7~8割がた 伝わるんだろうか?
 
 見上げる夜空にある星星・・・
  見えるのは みんな・・全て 太陽なんだよ。。。
 夜空でさへ 眩しげに輝くもの。
 赤茶けた  光放つもの。。。。。。。
 ぼやけながらも 小さくかたまってるもの。 遥かに遠く・・ 最も強烈な光放ってるんだろうか。。

  学校で教えられることって ほとんど・・・
 卒業してからの社会では 役に立たないね。。
 どうしてなんでしょう???
 公教育って 国家が必要とする 人材を育成するためにあったんだよね、、 確か。
 でも 特に高校・・ ましてや 大学で学ぶことって 現実的には、、何の役にも立ちはしない。

  どこで ボタンの掛け違えが出来てきたんだろう。。
 江戸時代には 寺子屋・藩校なんてものも あったんだろうが。
 公教育は 明治になって始ったんだろう。
  この国の歴史の中で考えても・・ わずかこの前に 始ったようなもの。。
 本当に 公教育なんて必要なものなんだろうか??

  表面的に 大きな要因は 大学入試において、総合的な教養を試験されずに・・・
 数教科のもので 判断されてしまうことでしょう。
 大学二年生の時点でも 専門性なんて持てないでしょう。 ましてや すぐに 就職活動が始る。
 大学入試の時点で 幅広く広範な一般的基礎的 教養・・・ なんて 全く切り捨てられている。

  こんなところからも 試験上手だけど・・・ 「自分の頭で考えて」問題解決出来ない人間が生み出され続ける。
 所謂頭の良くない人間が 輩出される。
 例えば お医者さんでも 自分の専門とするところは出来るが、 総合診療が出来ない。
 診断は 検査機器のもたらす デジタル情報でしかできない。 触診すら出来ない。

 
  文系・理系なんて棲み分け自体が 問題じゃないのでしょうか。
 食育・・・ ごく普通な食生活の知識を身につけさせ、実践できるように。
 体育・・・ 身体機能が整った時に 適時な個人に応じた運動能力を育てる。
       自身で自分を護れる基礎的な防御能力を もたせる。
       健康維持のための 適切な知識を・・・
 歴史育・・ この国の成り立ちから 現在に至るまでの あり様を 
        この国に住まうものの 基本的な知識とさせる。
 知育・・・ 蓄積された知識を 効率的に授ける。
 学校教育・ 日々の集団的なかかわりを通して 社会的な規範を身につけさせる。


  これでも まだ足りないもんがある。
  幼い頃から 「自然と対峙」させ続けること。
  現在の30~40代の方以下は 認識できる「色の数」少なくなってるんじゃないのかな。
  都市とは 人間が人工的に作ったものしか存在しない世界。
  剥き出しの土も 泥濘になれば嫌がられ・・アスファルトで覆い尽くされる。
  ゴキブリなんて エイリアンそのものとされる。
  都会には 人工的な「色」しかありません。
  自然世界の 色の多様性に比べ なんと貧弱すぎることか。。
  生理機能には 適時刺激の重要性があります。
  色彩認識機能が 発達してる時点で より多くの刺激が 与えられなければ・・
  











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。