So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

ライメックス (石から紙ができる)  「つれづれ樹」   [たくみ]

s_009.JPG



 石灰岩を主原料として 紙が作れる。
 石油系合成樹脂のポレオレフィンが20%ほど加えられる。
 
 樹木以外で 紙が作れるなんて あり得るのか???
 ところがこれが、、、
 ほとんど 水さへ使わずに 紙が作れるという。。。
 木から紙を1㌧作るには 20本の木と100㌧の水がいる。
 このため製紙工場は 地方の水資源が豊富なところに寄っている。。
 



■新素材「LIMEX(ライメックス)」の特徴
[ LIMEXとは ]
 ・LIMEXは石灰石を主原料に紙やプラスチックの代替となる新素材
 ・エコノミーとエコロジーを両立できる革命的な新素材。

[ 紙の代替として ]
 ・地球上の貴重な資源である木や水を使うことなく紙を製造可能。
  通常、普通紙1トン生産する場合、
  樹木を約20本、水を約100トン使うが、LIMEXは原料に木や水を使用せず、
  石灰石0.6〜0.8トンとポレオレフィン約0.2トンからLIMEXの紙1トンを生産可能。

 ・実証実験および品質改良を重ね、
  従来のストーンペーパーに比べ「軽い」「安い」「高品質」を実現。

 ・「耐水性」が高く、浴室や水回り、屋外や水中での利用が可能。

 ・経年劣化に強く、半永久的にリサイクル可能

[ プラスチックの代替として ]
 ・従来の原料が石油由来樹脂100%なのに対し、LIMEXでは主原料が石灰石であり、
  石油由来樹脂の使用量を大きく削減可能。
 ・単価の安い石灰石を主原料とすることで価格競争力を有する。
 ・容器包装リサイクル法において、
  リサイクル可能な樹脂素材等で製造した容器や包装を使用している事業主は、
  行政が行うリサイクル活動費用(リサイクル委託金)を負担する義務を負うが
 (例えばプラスチックの場合は使用重量1キログラムあたり45円)、
  LIMEXの場合はその対象外となり、リサイクル委託金が発生しない。
 ・LIMEXプラスチックを利用することで、環境負荷軽減に貢献できる。

[ 資源としての石灰石の埋蔵量 ]
 ・日本でも100%自給自足できる資源。世界各地の埋蔵量も豊富で、ほぼ無尽蔵。 





イプシロン2号機(JAXA)  「つれづれ樹」   [たくみ]

 

s_20141108-1.jpg




 イプシロン2号機が打ち上げられた
  特性は 固体燃料でいつでも打ち上げられる大陸弾道弾仕様。。。
   (こう表現すれば、一部の方は拒絶反応示す。)

 "ジオスペース探査衛星ERG”搭載した。
  小型の衛星需要が高まっている
  打ち上げ費用は38億円 運搬能力はHⅡに比べ高価です!
  種子島(大型液体燃料ロケット)ではなく 内之浦から行われてる。


 日本のロケット現状は ビジネスに到らない国の主導
 HⅡÀ  打ち上げ運搬能力 15t    90億円
 HⅡB           19t    120億円
 イプシロン           1.2t    38億円


 H-IIBロケットで打ち上げられる"こうのとり”は 宇宙ステーション補給船能力持ち
 大きさは 観光バスほど。 こうのとりだけの重量は6t。


s_02ae4f6b1f0e13d056a899957b31a60b-thumb-976xauto-1726.jpg
      《ジオスペース想像図;右側(オレンジ色)は太陽風》
 
 



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161220/k10010814251000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002
 イプシロン2号機 打ち上げ成功
 地球周辺の放射線を調べる探査衛星を載せた、日本の小型ロケット、
 「イプシロン」の2号機が、 12月20日夜
 鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、
 衛星を予定の軌道に投入し打ち上げは成功しました。
 日本の小型ロケット「イプシロン」の2号機は20日午後8時に発射され、
 1段目や2段目を切り離しながら上昇を続け、打ち上げからおよそ13分後に、
 高度500キロ付近の予定の軌道に衛星を投入し打ち上げは成功しました。

 搭載されたのは、「ジオスペース」と呼ばれる高度100キロ付近から6万キロ付近までの、
 地球のすぐそばの宇宙空間の放射線を調べる探査衛星で、
 人工衛星の故障の原因ともなる放射線量の変動のメカニズムの解明などが期待されていて、
 JAXAは「あらせ」と命名しました。

 これまでのところ衛星の状態に異常はなく、今後3か月程度かけて初期運用を行い、
 問題がなければ本格的な探査を1年かけて行うということです。

 JAXAによりますと、3年ぶりの打ち上げとなる今回は、
 2段目のエンジンを強化して打ち上げ能力を30%高め、
 打ち上げ費用も以前の小型ロケットの3分の2のおよそ50億円に抑えたということです。

 今後、森林の管理や資源の探査などで、
 小型衛星の需要が新興国などを中心にますます増えると見込まれており、
 記者会見したJAXAの奥村直樹・理事長は「今回の打ち上げ成功は、
 小型衛星を打ち上げる本格的な商用化に向けた第一歩だ」と話しました。









2016年11月27日のつぶやき 2016/11/28 [つれつれ(めもり)]


前の3件 | -