So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

[ブラボー] ⇒パンプキン ⇒リトルボーイ ⇒ファットマン   [つれづれ樹] [政り]

477px-Castle_Romeo.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/キャッスル作戦



 封印された原爆報告書  [NHKスペシャル]
 Hirosima&nagasaki原爆投下後 国によってなされた被害調査は、
 被爆者のためなどでは 決してあり得なかった。
 調査報告書は 日本に残されることなく、コピーされることもなく、
 すべてアメリカに渡った。
 日本人調査団もそれを理解していた。



 この”あだな”の付け方は 米国思想のミラー
 これらは 人類で”人体実証実験”されてます。。。
 (BRAVO)―― 賞賛の意を込めて発せられる感嘆詞;威嚇。
 パンプキン
 リトルボーイ
 ファットマン  (太っちょ)


 アメリカは ビキニ環礁水爆実験の後、
 調査団を派遣しました。
 治療のためではありません。
 水爆実験による 人体実験効果を調査するため。
 日本では 日本国が自ら調査を買って出て、
 原爆実験効果を被爆者を利用して データー化しております。
   [死亡率曲線]
    「17,000人もの原爆で死んだ」 子供たちによるデータ。
     爆心地からの距離と 死者の割合によって 作られてます。
     なんのために このデーターが集められたか!
     原爆投下によって どれだけの人間が殺せたかを調査しました。
     これに基づいて、
     モスクワを攻撃する場合 何発の原爆が必要かを 検証しました。



大アーリア人思想があります。
ヒットラーの “ユダヤ人大虐殺”をもたらせた、根本思想です。。。。。
この思想は ヒットラーが産み出したものではありません
歴史的なヨーロッパの覇権争いの中で“自国民族のより高い正統性を 政争的に繰り返す”中で、詭弁的に作られたものです。
 これが イギリスで“人種の優生学的断種”になります。
これがさらには アメリカに受け継がれ、現実社会で合法的に奨励・実施されます。(1925年)
さらに これがイギリスに逆輸入され、時宜を得、ヒットラーに伝わり、ユダヤ人大虐殺の根本思想として顕現。。。。。


 何故 戦後アメリカは日本に 手厚い保護を続けるのか。
 保障は“第五福竜丸事件”に成されたのですか。
 保障ではありません、 施しです。

 この思想の特徴は 白人種以外は“虫けら”とします。。。

 




アメリカも対抗上小型軽量化した乾式水爆の開発を迫られ、その成果を試すため、キャッスル作戦が行なわれた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/第五福竜丸
1954年3月1日、第五福竜丸はマーシャル諸島近海において操業中にビキニ環礁で行われた水爆実験(キャッスル作戦・ブラボー (BRAVO) 、1954年3月1日3時42分実施)に遭遇し、船体・船員・捕獲した魚類が放射性降下物に被爆した[1]。実験当時、第五福竜丸は米国が設定した危険水域の外で操業していた。危険を察知して海域からの脱出を図ったが、延縄の収容に時間がかかり、数時間に渡って放射性降下物の降灰を受け続けることとなり、第五福竜丸の船員23名は全員被爆した。後に米国は危険水域を拡大、第五福竜丸以外にも危険区域内で多くの漁船が操業していたことが明らかとなった。この水爆実験で放射性降下物を浴びた漁船は数百隻にのぼるとみられ、被爆者は2万人を越えるとみられている。 予想以上に深刻な被害が発生した原因は、当初米国がこの爆弾の威力を4 - 8Mtと見積もり、危険区域を狭く設定したことにある。爆弾の実際の威力はその予想を遥かに超える15Mtであった為、安全区域にいたはずの多くの人々が被爆することとなった。





http://www.nhk.or.jp/special/onair/100806.html
アメリカ国立公文書館のGHQ機密資料の中に、181冊、1万ページに及ぶ原爆被害の調査報告書が眠っている。子供たちが学校のどこで、どのように亡くなったのか詳しく調べたもの。200人を超す被爆者を解剖し、放射線による影響を分析したもの…。いずれも原爆被害の実態を生々しく伝える内容だ。報告書をまとめたのは、総勢1300人に上る日本の調査団。国を代表する医師や科学者らが参加した。調査は、終戦直後から2年にわたって行われたが、その結果はすべて、原爆の“効果”を知りたがっていたアメリカへと渡されていたのだ。

なぜ貴重な資料が、被爆者のために活かされることなく、長年、封印されていたのか? 被爆から65年、NHKでは初めて181冊の報告書すべてを入手。調査にあたった関係者などへの取材から、その背後にある日米の知られざる思惑が浮かび上がってきた。

番組では報告書に埋もれていた原爆被害の実相に迫るとともに、戦後、日本がどのように被爆の現実と向き合ってきたのか検証する。



http://www.nhk.or.jp/special/onair/110806.html
広島・長崎あわせて20万を超える人々の命を奪った原子爆弾。これまで日本は、アメリカが原爆攻撃の準備をしていることを知らないまま、“想定外”の奇襲を受けたとしてきた。しかし実際は、原爆投下に向けた米軍の動きを事前に察知していたことが、新たな証言と資料から明らかになってきた。日本軍の諜報部隊が追跡していたのは、テニアン島を拠点に活動するある部隊。軍は、不審なコールサインで交信するこの部隊を、「ある任務を負った特殊部隊」とみて警戒していたのだ。8月6日、コールサインを傍受した軍は、特殊部隊が広島に迫っていることを察知。しかし、空襲警報さえ出されないまま、原爆は人々の頭上で炸裂した。そして9日未明、軍は再び同じコールサインを傍受、「第2の原爆」と確信した。情報は軍上層部にも伝えられたが、長崎の悲劇も防ぐことはできなかった。
番組では、広島・長崎への原爆投下を巡る日本側の動きを克明に追う。情報を掴みながら、なぜ多くの人々が無防備のまま亡くならなければならなかったのか…。原爆投下から66年、その問いに初めて迫る調査報道である。


030b.jpg
IXYDIGITAL60(ISO50)&PHOTOSYOP
太郎さんのお薦め 
 【杉本商会】 
    http://web.mac.com/haruhisa_i/Site/Welcome.html
    (木工芸・杉玉・お茶を 扱われてます。)
 【Welcome to My Art Room】  
    http://web.me.com/haruhisa_i/
    色彩を 操られています。)



砂防会館 ⇒鋼(ハガネ)のダム (総てをこれに・・!!!)  「つれづれ樹」   [政り]

IMG_0007.jpg


砂防ダム
 見かけるものは、上流部が瓦礫で埋もれてた。
 これはこれで 役に立って 役目終えたものなんでしょう。
 、、、 そ~でもなかかったんですネ。

 災害時には、
 下流地域の被害を最小限に くいとめる為の設備。。。
 その場所に 敷設されなければいけないもん!
 埋もれてしまえば、
 きちんと元に戻しておかなければならないものだった。

 地域の災害にもならない 通常の降雨で 砂礫が蓄積する。
 年月を経れば、砂防を砂礫が埋めてしまってる。
 取り除いておかなければ   災害時に役立たない

 これを少しでも解消してくれるのが、
 コンクリートで壁をつくらない 砂防ダム。
 コンクリートの替りに 「鋼」を組み合わせて作る。

 特徴は、
 コンクリートで土台をつくり、 “鋼”で堤防を創る。
  災害にならない程度の雨量では 
 水と小さな砂礫を 下流に通過させる。 
 大災害時には、
 大きな流木&瓦礫を 下流域に流さない。


 堤防に段差を設けないことで、
 上流を目指す鮎などにも 魚道を造らずにも配慮できる。





http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130825/biz13082512000001-n1.htm
 脱コンクリートの「鋼」づくりの砂防ダム  2013.8.25 12:00
               [すごいぞ!ニッポンのキーテク]
 砂防を目的とする河川や渓谷の堰堤(ダム)といえば、コンクリート製の密閉型建造物を思い浮かべがちだが、近年は渓流の連続性や環境保全といった観点から、小さい砂までせき止めるコンクリート製の不透過型ではなく、複数の開口を持つ鋼製の透過型堰堤の需要が高まっている。1979年から現在まで700基以上を設置した神戸製鋼所は、自然との調和をテーマにした透過型堰堤の設置を進める。  「中小規模の出水時に無害な土砂を流して、堰堤の上流側に土石流をとらえるだけの空容量を確保し、土石流発生時にそれを捕捉するのが鋼製の透過型堰堤の役割です」(同社の鉄構・砂防部営業室の戸田太課長)
biz13082512000001-p1.jpg
(菅沼谷の鋼製透過型ダム。上は土石流発生時。下は平常時)
 国土交通省によると、2002年のデータで土石流の危険がある渓流は全国に18万カ所以上ある。このうち、付近に人家が5戸以上あり、砂防ダムを設置する必要がある場所は9万カ所近くに上る。整備率は09年度末で22%。鋼製透過型はうち20~25%程度で、その他の多くはコンクリート製の不透過型だが、渓流環境の保全や流木の捕捉などもうたう新たな国交省の「砂防基本計画策定指針」が07年に出されて以降、注目度が高まってきた。  神戸製鋼所が新指針に対応して改良した鋼製透過型堰堤「格子形-2000C」は、鋼管を立体格子状に組み合わせたもので、「たとえ一部の部材が破損しても、全体が崩壊しにくい構造」(戸田課長)になっている。  また環境への配慮として、「底版コンクリートの上面に段差を作らず、河床の勾配に合わせて施工することで、魚道の設置も容易」で、透過型の長所をさらに拡大した。  不透過型だと、堰堤の上流側に砂が堆積していることが多く、流木がダムの上を通過して流出し、下流で被害を拡大させるケースがある。これに対し、透過型は大きな空容量がある上、水をせき止めて水位を上昇させることがないことから、流木をきっちり食い止めることができる。  神戸製鋼所は、実際に発生した土石流を受けた鋼製透過型堰堤を調査し、「上部を通過した大きな土石が落ち、構造内部の部材に当たらないよう上部にH形鋼を配置するなど、細かい改良を施している」という。  通常、こうした透過型堰堤の設置には2~3年かかる。工事用道路を作り、両サイドに「袖」と呼ばれるコンクリート構造物が作られ、その開口部に鋼製構造物が最後に設置されるのが通例だった。  そのため鋼製構造物の設置前に土石流が発生すると、袖で狭められることによって流速を増した土石流が流れ、被害がさらに大きくなる恐れがある。  このような被害を防ぐため、神戸製鋼所は段階施工を可能にした。鋼製構造物を上下に分割し、袖の高さに合わせて段階的に施工することで、施工した高さ分の土石流をとらえる効果が発揮できるようになった。上下分割の際は、下の部分を固めてから上の部分を施工するため、「いわゆる“遊び”がない分、上部の製作には精度が必要」(戸田課長)。段階施工は製作精度の向上の成果だ。実際に段階施工の途中で、土石流を止めた野中沢第2堰堤(新潟県)のような例もある。  公共事業の予算が年々厳しくなる中、環境保全への貢献などを武器に、新規の設置のほか、最初の建設から年月が経過し、改修が必要な古いコンクリート製の不透過型堰堤の中央部を、新しく透過型に置き換えるなど、今後もさらなる設置を目指す。






IXYDIGITAL60(ISO50)&PHOTOSYOP
< 生業ですが、アバウトです! お気に召せば 遡って画像は ご自由に転載&ご利用下さい。 >
太郎さんのお薦め
 
 【杉本商会】 
    http://web1.kcn.jp/ishi_hal/Welcome.html
    (木工芸・杉玉・お茶を 扱われてます。)

 【十津川荘】
    http://www.102k.net/
    (十津川行くなら 太郎のお薦め!!!!)
以下は、エキサイト翻訳になります。
Barrier to prevent landslides What is seen, the upper part was buried with rubble. This is now. It is helpful. It will be a duty 終えた thing. そ~ -- inside -- having cut . At the time of a disaster, it is the minimum about the damage of a downstream area. A stake and equipment of a める sake. . . At the place もん which must be constructed! When buried, it was what must be returned exactly. It does not become a disaster of the area, either. Grit is accumulated by the usual rain. If it passes through years, grit will have buried 砂防だ. If it does not remove It is not useful at the time of a disaster. Canceling this does not build a wall with concrete. Barrier to prevent landslides. Instead of [ of concrete ] It makes combining "steel." The feature makes a foundation from concrete and makes a bank from structure and "steel." As small by the rainfall of the grade which does not become a disaster grit as water It is made to pass downstream. Big driftwood & rubble at the time of a catastrophic disaster It does not pass to a downstream site. Sweetfish etc. which aim at the upper stream by not preparing a level difference in a bank It can consider without building the regular course for fish. http: barrier to prevent landslides of the production of "steel" of //sankei.jp.msn.com/economy/news/130825/biz13082512000001-n1.htm 脱 concrete 2013.8.25 12:00[-- it is great! The キーテク] erosion control of Nippon Speaking of 堰堤 (dam) of the target river or a ravine, it tends to visualize the encapsulated type building made from concrete, but The demand with the opening of the plurality instead of an un-penetrating type made from concrete which the viewpoint of the continuity and environmental preservation of a mountain stream to small sand dams up of steel penetrated type 堰堤 is increasing in recent years. Kobe Steel which installed 700 or more sets from 1979 to the present advances installation of penetrated type 堰堤 on the theme of harmony with nature. "Earth and sand harmless at the time of the flood of a minor scale are poured, and the role of steel penetrated type 堰堤 secures the empty capacity which catches a mudflow to the upper stream side of 堰堤, and catches it at mudflow developmental time." (Section Chief Futoshi Toda of 鉄構 and the Sediment Control Department management office of the company) According to the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, there are 180,000 or more mountain streams which have the danger of a mudflow by the data in 2002 all over the country. Among these, the place where a house needs to install those with five or more houses and a barrier to prevent landslides near is gone up to about 90,000 places. A maintenance rate will be 22% in the end of the 09 fiscal year. Although many of others of a steel penetration type are the un-penetrating types made from concrete at about 20?25% among them, after taking out the "erosion control master plan decision indicator" of the new Ministry of Land, Infrastructure and Transport which appeals for preservation of mountain stream environment, capture of driftwood, etc. in 07, the degree of attention has increased. Steel penetration type 堰堤 "lattice type ?2000C" which Kobe Steel improved corresponding to a new indicator is what combined the steel pipe in the shape of a solid lattice, and has "the structure where the whole cannot collapse easily even if some components are damaged" (Section Chief Toda). Moreover, as consideration of environment, the penetrated type strong point was further expanded by "installation of the regular course for fish is easy by not making a level difference on the upper surface of the bottom version concrete, but constructing according to the slope of a stream bed." In case of an un-penetrating type, sand has accumulated on the upper stream side of 堰堤 in many cases, driftwood passes through a dam top, and flows out, and there is a case to which damage is made to expand in the lower stream. On the other hand, since a penetrated type has big empty capacity, and also dams up water and does not raise a water level, it can stop driftwood just. Kobe Steel investigates steel penetration type 堰堤 which received the mudflow which actually occurred, and says, "The big soil and stone which passed the upper part fell, and it has given fine improvement of arranging an H beam etc. to the upper part so that it may not hit the component inside structure." Usually, installation of such penetrated type 堰堤 takes 2?3 year. It was usually that make the road for construction, the concrete structure called a "sleeve" to both sides is made, and steel structures are installed in the opening at the end. Therefore, when a mudflow occurs before installation of steel structures, by being narrowed by a sleeve, the mudflow which gathered the flow velocity flows and there is a possibility that damage may become still larger. In order to prevent such damage, Kobe Steel made stage construction possible. Steel structures are divided up and down and the effect of catching the mudflow for the constructed height can be demonstrated now by constructing gradually according to the height of a sleeve. In the case of up-and-down division, after hardening a lower portion, in order to construct the upper portion, it is "manufacture of what is called a part without "playing" and the upper part requires accuracy" (Section Chief Toda). Stage construction is a result of improvement in manufacture accuracy. There is also an example actually like the 2nd 堰堤 (Niigata Prefecture) of field Nakazawa that stopped the mudflow in the middle of stage construction. While the budget of public works becomes severe every year, years pass the contribution to environmental preservation, etc. since construction of the beginning besides new installation to arms, and repair continues to aim at the further installation, such as transposing newly the old required central part of un-penetrating type 堰堤 made from concrete to a penetrated type.


熊本地震 島国日本の必需品「空母級病院船」 「再投稿」 「つれづれ樹」   [政り]

現地の情報獲得が遅い。 救援活動の開始にもたつく。 空母級病院船 ヘリコプターで被害状況を視認把握しつつ 必要物資を被害者数&状況に応じて供給 緊急処置を必要とする負傷者は病院船に搬送する。 ヘリコプターを数十機発着可能な規模で、ホバークラフト&上陸用舟艇装備。日常的には 停泊し、病院機能と救急ヘリ拠点を担えば良い。



 
 南海トラフ地震に伴う 津波想定が新たに発表され、動揺が広まった。
旧来の想定をはるかに上回る 津波の高さ が提示されたため。

 堤防なんて全くに役に立たない。 津波避難タワーの役目も否定される
お手上げ状態。


 それなら 避難の可能性を少しでも高める“時間稼ぎ”しようよ。
 tunamiのパワーを少しでも拡散できるような堤防・到達時間をわずかでも遅らせることが可能な 堤防の多重化。
 (浅い海はtunamiのエネルギーを軽減する。 海底構造が参考になるのか。)
 津波に襲われても、少しでも生存可能性を持たせる“高台への避難路のトンネル化”。

 逃げ切れない者達のための「地下シェルター」だって 考えられるでしょう。
 各入口に海水が浸入してきてもブロックする仕掛けは可能でしょう。
  (入口に観音開きのドアを半開にしておき、水圧で閉じてしまうような。)


 高台に用地が確保できないのなら 災害時の弱者に配慮して棲み分けするべき。
 高台から海岸に向かって
 病院・幼児高齢者施設 →学校・住宅地 →商業&工業施設 →農業地 →港湾施設
 


 東日本大災害に対して 忸怩たるものがあった。
現地の情報獲得が遅い。 救援活動の開始にもたつく。。。。。
助けられた命を 国は多く“見殺し”にしたと云える。。
「生きた馬の目ですら抜き取ってしまうほど早い」救助活動を 展開し見せしめたのが、空母「ドナルド・レーガン」。
東日本沖に到達し ヘリコプターで被害状況を視認把握しつつ 必要物資を被害者数&状況に応じて供給 緊急処置を必要とする負傷者は空母級病院船に搬送する。

 この国にも 2艙の「空母級病院船」が 必要です。
 太平洋と日本海に それぞれ一隻。
  (緊急時には 1隻は海外災害救援に派遣できる。)
 ヘリコプターを数十機発着可能な規模で、ホバークラフト&上陸用舟艇装備。
 負傷者・入院患者・乳幼児・妊婦・要介護者 搬送できる。。。

 日常的には 停泊し、病院機能と救急ヘリ拠点を担えば良い。
  (入院病室機能は 緊急時の展開に備え 持てないが。)


007.jpg


IXYDIGITAL60(ISO50)&PHOTOSYOP
< 生業ですが、アバウトです! お気に召せば 遡って画像は ご自由に転載&ご利用下さい。 >
太郎さんのお薦め 
 【杉本商会】 
    http://web.mac.com/haruhisa_i/Site/Welcome.html
    (木工芸・杉玉・お茶を 扱われてます。)
 【Welcome to My Art Room】  
    http://web.me.com/haruhisa_i/
    (色彩を 操られています。)

以下は、エキサイト翻訳になります。
It follows on the Nankai Trough earthquake. Tsunami assumption was newly announced and agitation spread. It easily exceeds the conventional assumption. Height of tsunami Since it was shown. it is completely alike in a bank and is not helpful. The duty of a tsunami refuge tower is also denied. Dismay state. It is if it is right. It will carry out "time working". [ which improves the possibility of refuge ] It is possible to delay the bank and attainment time which can diffuse the power of tunami, even when it is small. Multiplexing of a bank. (The shallow sea reduces the energy of tunami.) Is submarine structure consulted? "Tunnel-izing of the escape route for evacuees to heights" which gives survival possibility even if attacked by tsunami. "Underground shelter" for those not running away It will think. Probably, the mechanism blocked even if sea water infiltrates into each entrance will be possible. (as [ close / with water pressure / make the double door opening outward half-opening at the entrance, and ]) It is if a lot is not securable for heights. 。 which should be quotaed in consideration of the weak at the time of a disaster It goes to the seashore from heights, A hospital and small-child & elderly-people institution -> a school and residential section -> commercial & industrial institution -> farming district -> harbor facilities. As opposed to an East Japan catastrophic disaster Some were bashful. Information acquisition of a spot is slow. It is slow to the start of rescue operations. . . . . Helped life The country can say that it used "giving no help" mostly. . Such an "early" relief activity that it extracts even by the eye of the live horse It is the aircraft carrier "Donald Reagan" which was developed, shown and closed. It reaches off East Japan. While carrying out the visual confirmation grasp of the damage situation by helicopter Necessary goods are supplied according to a number of victims & situation. The injured who need immediate steps convey on an aircraft carrier. In this country It is required. [ "the hospital ship aircraft carrier of 2 艙" ] To the Pacific Ocean and the Sea of Japan It is 1 boat, respectively. ( 1 boat can be dispatched to overseas disaster relief in an emergency.) It is a scale in which tens of set arrival and departure [ helicopter ] are possible, and is hovercraft & landing craft equipment. Are everyday. What is necessary is to anchor and just to bear a hospital function and an emergency helicopter base. (The deployment in a emergency is equipped with a hospitalization sickroom function [ It cannot have. ])


前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。